ジョリパットが支持される理由とは

最近、お洒落な外観の家が建てられる事が多くなってきました。家というのは、建物の内外の造りだけでなく、見た目も重要になります。そして、特に外壁の塗装等は大事で、そこを重要視する人も少なくないです。特にのっぺりとした感じではなく、独特の風合いを出して、美しい仕上がりになる、ジョリパットは、色々な所で、使われる事も多くなってきています。これは見た目だけでなく、素材自体にも中々の利点があるので、お洒落だけでなく、実用的なところも人気の理由かもしれません。数多くの塗材の中で、選ばれて、使用されるのには、他にはないちょっとした秘密でもあるのでしょうか?このように支持されるこのジョリパットとは、一体どういうものなのか、調べてみる必要がありそうです。

フランス生まれで、日本でも改良されている高性能な塗材

壁の仕上げに使われる塗り壁材で、砂を混合させたモルタルに吹付けをする、アクリル系の外装用の塗材です。元々はフランス生まれのものですが、1970年代に日本で販売が始まり、利用されるようになる事で、今まで多くの改良をなされ、さらに機能の向上を研究し続け、現在に至っています。一時期話題になった健康を害する、ホルムアルデヒドに対しての、吸着や分解機能も備わっており、そしてまた、消臭の効果や抗菌にも対応している商品もあり、外壁だけでなく内装の塗材としても使われています。特に塗材による有害物質を気にする人にとっては、理想的でしょう。素材の感じとしては、粘りがあるので、コテ、ローラー等で塗りますが、水分を混ぜて吹付けをする事も可能です。家の中も外も、上手に柔軟に対応できる優れた性質があります。

お洒落感満載、性能的にも満足な外壁塗装

それでは実際、機能の面からはどのような利点があるのでしょうか?素材自体は、自然物資でつくられている為、身体の害となる、有害物質が発生してしまう事はありません。小さなお子さんのいる家庭などでは、ここは気にされるでしょう。そして、火に強く、防火性もあります。遮光や遮音にも優れており、汚れに強く、耐久性もあります。色落ちの心配もなく、湿気による調節機能により、カビなどが生えにくいという利点もあります。これだけの性能があるのなら、それだけお値段も張るのでは、と思われますが、商品にもよりますが、意外とそんなに高料金ではないです。昔ながらの塗装と比べても、大差は無いと言われています。高性能で、健康にも配慮されて、仕上がりが、お洒落感満載なジョリパット、家の塗装に利用してみれば、その良さを実感出来るでしょう。